物流・保管施設の建設

建設工事

港湾における保管・配送を主体とする物流システムは、今後ますます効率化・省力化及び高い品質保持能力が求められてまいります。当社建設工事部門は、そのようなニーズに迅速且つ正確に対応すべく、常に調査、研究、開発に取り組んでおります。すなわち、穀物サイロ、倉庫、化学品タンク等の貯蔵保管施設とそれらに付帯する搬送・くん蒸・計量・制御等の各設備を含めた企画、設計、施工、管理まで一貫した建設工事を実施しています。特にくん蒸設備工事については、植物検疫防除業務の永年の実務経験を活かして全国的に大きなシェアをいただいております。更にこれら各種設備の機能の維持を目的として、くん蒸施設の気密補修工事、防蝕ライニング、防水工事等を実施し、建設工事完了以後も引き続いて設備の良好なコンディション保持に役立っております。

減圧チェックによるコンクリートサイロ気密補修工法
コンクリート製穀物サイロの気密性保持は、施設所有者にとって大きな課題となっています。当社ではサイロ内を減圧状態にすることにより、内壁の状態を細部までチェックするという独自の工法(特許取得済)を用いています。
それにより、お客様の施設状態に応じた的確な補修を行い、ご好評を頂いております。
残留物防止対策
サイロ設備は、サイロホッパー部、各種搬送設備(バケットエレベーター・チェーンコンベヤのテール部)等、様々な箇所に穀物やダスト等の残留物が溜り、コンタミ、害虫・カビや菌類の発生、悪臭、腐敗等の多くの問題が発生します。当社では各種の残留防止対策(特許取得商品等)をご用意し、お客様のニーズに合わせてご提案させて頂いております。
フラットゲート
チェーンコンベヤの中間部から搬送物を排出するには、ゲートを施工するのが一般的です。そのゲート部分と、コンベヤ底板部分との段差に搬送物が残り、コンタミの原因となります。当社は独自の機構の商品を開発(特許取得済)し、搬送物と同一方向での開閉、及び直角方向での開閉、いずれの場合においてもゲート閉時に段差を無くす事が可能な商品を用意しております。


塗装工事

港湾地域の厳しい腐蝕環境下に置かれている大型クレーン、石油タンク、各種搬送コンベヤ・プラント設備、橋梁などの構造物に対して様々な重防蝕塗装を行います。桟橋の鋼管杭鋼矢板の被覆ライニング工事、水中塗装と電気防蝕工事などの長期にわたる耐久性が求められている海洋構造物に対する防蝕システムを提供しています。今後も更に新しい技術の研鑽に努め、顧客のニーズに応え、重防蝕からフッソ塗装まで幅広く課題に挑戦し続けます。

工作工場

荷役機器の設計・製作・修理

大きいものから小さいものまで港湾及び周辺の臨海工場地帯には、バケット・ホッパー・コンベヤ・クレーンなど多種多様な機械設備が稼動しています。当社は修理の緊急度や内容に応じて、サービスカーによる出張修理と当社製缶工場に持込んでの工場修理を実施しています。
また、ユーザーの作業条件・生産条件にマッチした各種専用機の製作も行っています。

ページのトップへ